あなたはなぜ? 整体院や病院に行きますか?

 

 

 そうです。痛みを早く取り除いてほしいからです
 

でも実際は長時間待たされて結果的には、自分が思った程よりは

痛みが解消されない事が多いのです。



 

その原因は痛みは全身のバランスが崩れた結果、

その場所に反映されているだけなので、根本の原因(トリガーポイント)を

処置してやらなければ、治ってくれません。

数日後にまた繰り返します。


これが日本中で行われている、治療の現実です。
 

 

  でもすべての痛みが施術後すぐ治るとは思えませんが、

 

やはり日にちは必要です。


 今から、30年数年程前、私自身が腰痛に苦しんだ時、整体院や、

病院に通い2年間苦しみながら仕事をしていました。

 ある時、知り合いが1回で治してくれるという方を紹介して下さる

 

というので、半信半疑、車で2時間かけて出かけました。

 

それは兵庫県の山奥の普通の1件の農家です。

 

裏にはまだ牛小屋があり鶏が庭を歩いていました。信じられません!

 

こんな処で本当に治るのか?と疑いました。

 

家人に来訪の旨を伝えると、

「もうすぐ田んぼから帰ってくるから、お茶でも飲んで待ってください!」

1時間後、一人のおじいさんが牛を連れて帰ってきました。

 

年の頃は60歳少し上?お百姓なので日焼けして、顔は浅黒く、

 

でも皮膚の艶が非常にテカテカして元気一杯の感じ。

 

あまりしゃべらないおじいさんでした。

 

ますます不安が募り「どうしようか?帰ろうか?」などと思っていると、

ぶっきら棒に「どこが痛い?」と問いかけられました。

 

私は腰痛で困っていることを伝えると、「そこに上向いて寝な!」と言われ、

体のあちこちを触って「ちょっと痛いど!」との掛け声で何処かをガクッ!と

動かしました。

「はい!終わり!立って」その言葉で私は恐るおそる立ち上がりました。

 

腰の痛みは 嘘のように消えていました。

 

後でおじいさんの正体を聞くと山伏さんでした。

 

1000年の歴史の中にある秘伝が存在することを初めて知った瞬間でした。

 

山伏は修行のために山奥に入ります。

 

当然病気や捻挫、骨折など、自分で治す治療技術を秘伝として

 

継承していったのです。

 

私の原点がそこにありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

​

 

新しい整体技術  セシマ法が生まれた背景。

えっ?嘘!

それから古い書物や最新の医学書を読み漁りました。あるわあるわ!
 

結果的には古い技術が新しい医学で証明される事になりました。

目を疑った事件です。

初めに、お客様の状態を把握してから、施術方法やおよその回数を定めます。痛いところや炎症を起こしている場合には施術できないこともあります。
チェックが終わりましたら、まず、最初に困っているところの処置をいたします。1回で治る場合もありますが、それは一時的なもので数回施術を必要とする場合があります。今後の良い状態を維持するためにも定期的に施術することをお勧めいたします。

嘘みたいな本当の話です。

整体の基本は、

自分の体がいったいどんな状態で痛みが出て、どんな原因でおこったのかを、解明する事にあります。その部分を正確に把握してこそ、治療ができます

 

2016年8月 

東大医学部整形外科の

先生が発表した論文では

私が考え追い求めていた施術方法と

筋肉と骨の関係を調べた結果と、

東大独自で考えたの方法でデータを元に、

私の理論も同じ結果を求めていた事が

証明されたことに驚きとました。

突き詰めれば同じ点に到達するんですね!